大学入試・英語の学習に役立つ記憶術:宮口公寿

自営業だった父親の仕事が突然傾き、大学進学をほぼ諦めかけていました。 「東京大学という最難関の大学」へ志望校を変更しました。どうせ実現不可能と思っていましたが、学費がほとんどかからないという大学という選択肢しかありませんでした。 周囲の人たちは、私を見て笑っていました。 偏差値41の人間が東大に合格するはずがないと。 普通の勉強法をやっていては絶対に合格しないと思い、ありとあらゆる勉強法を探しました。 そこで出会ったのが、記憶術でした。 そして、私は、記憶術を縦横無尽に活用して、見事東京大学へ

ダイエットと記憶術の意外な関係

一般集団から外れて並外れた成功を収めた者に共通するファクターがあると思います。

それは記憶術だけでなく、皆さんに身近なダイエットの成功にも言えることです。
 
たとえばカナダのアイスホッケープロの選手には1月か2月の誕生日が多いが、それには意外な理由があると著名な作家は書いています。

また、他人よりもはるかに優れた才能があれば必ず成功するというものでもないのです。

それと同等かそれ以上に育った環境やタイミングが影響を与えているのです。

あなたが記憶術という社会人基礎力をもっているかどうか、これが非常に重要なのです。

記憶力がよければ上司の指示も的確に暗記し、忠実に実行できます。

>> 宮口式記憶術の秘密を見てみる