大学入試・英語の学習に役立つ記憶術:宮口公寿

自営業だった父親の仕事が突然傾き、大学進学をほぼ諦めかけていました。 「東京大学という最難関の大学」へ志望校を変更しました。どうせ実現不可能と思っていましたが、学費がほとんどかからないという大学という選択肢しかありませんでした。 周囲の人たちは、私を見て笑っていました。 偏差値41の人間が東大に合格するはずがないと。 普通の勉強法をやっていては絶対に合格しないと思い、ありとあらゆる勉強法を探しました。 そこで出会ったのが、記憶術でした。 そして、私は、記憶術を縦横無尽に活用して、見事東京大学へ

そもそも、記憶術って何?

記憶術は、文字通り、「記憶する技術」です。

記憶する技術といっても、単にビタミンCの多く含む食物を食べた方がいいとか、そんな「ぬるい」話ではありません。

私の教えている宮口式記憶術の生徒さんたちは、そんな郵長なことを言っている訳ではありません。

・大学受験、今年合格しないと後がない!
・今度の税理士試験に合格しないと、もう気持ちが続かない


本当に切羽詰まった人たちばかりです。

そんな方に共通の悩みが、教科書の内容がなかなか頭に入らないのです。

何でもそうですが、自分の進歩が一歩づつ確認できることなら、どんなことでも我慢できます。

が...........

覚えては忘れ、覚えては忘れ、

これでは砂上に楼閣を建てるようなもの。

覚えた事を忘れない。
正確に言うと、忘れない技術なのです。


一度覚えたことがわすれなければ、今まで全く異なる人生を歩む事が出来ます。

まず、勉強が得意になります。
勉強が得意になれば、勉強が楽しくなります。


そして、今まで想像もしなかった超難関の資格試験にも合格出来ます。


>> 宮口式記憶術の秘密を見てみる