大学入試・英語の学習に役立つ記憶術:宮口公寿

自営業だった父親の仕事が突然傾き、大学進学をほぼ諦めかけていました。 「東京大学という最難関の大学」へ志望校を変更しました。どうせ実現不可能と思っていましたが、学費がほとんどかからないという大学という選択肢しかありませんでした。 周囲の人たちは、私を見て笑っていました。 偏差値41の人間が東大に合格するはずがないと。 普通の勉強法をやっていては絶対に合格しないと思い、ありとあらゆる勉強法を探しました。 そこで出会ったのが、記憶術でした。 そして、私は、記憶術を縦横無尽に活用して、見事東京大学へ

記憶力が高まるって、ぶっちゃけ、どんなこと?

記憶力の方法の真実って、意外と知られていないのです。

「暗記に対するコンプレックスがなくなる」ということです。

宮口式記憶術の生徒さんから、よく言われる質問

「目指している資格をとるのに、こんな分厚い参考書を全部覚えなければいけないので、げっそりする」

喝!

だから、あなたは圧倒的に合格に遠いんです。
すみません、言い過ぎました。

私は、東大の理科系の学部に属していました。
当時、いろんな化学構造式や論文や、ありとあらゆる知識を短時間に頭の中にいれななければいけない

他の東大の同級生は、まさに「げっそり」

わたしは、「やった!」と思いました。
だって、記憶術を使えば、すぐに覚えることが出来るから。


単語を覚えることも同じ。
単語が5000語、覚えるのは大変

実は楽なんです。

toeic toeic って、悩んでいても、一向に合格に近づきません。


>> 宮口式記憶術の詳細を見てみる