大学入試・英語の学習に役立つ記憶術:宮口公寿

自営業だった父親の仕事が突然傾き、大学進学をほぼ諦めかけていました。 「東京大学という最難関の大学」へ志望校を変更しました。どうせ実現不可能と思っていましたが、学費がほとんどかからないという大学という選択肢しかありませんでした。 周囲の人たちは、私を見て笑っていました。 偏差値41の人間が東大に合格するはずがないと。 普通の勉強法をやっていては絶対に合格しないと思い、ありとあらゆる勉強法を探しました。 そこで出会ったのが、記憶術でした。 そして、私は、記憶術を縦横無尽に活用して、見事東京大学へ

高校入試は、中学校から高等学校への最も大事な瞬間です

宮口式記憶術の開発者である宮口公寿です。

高校入試は、中学校から高等学校への最も大事な瞬間です。

私は、中学・高校一貫性の私立学校でした。

しかし、小学校からの友人たちは、公立高等学校にいくべきか、私立高等学校にいくべきか、真剣に悩んでいました。

皆さんは、県立入試かどうか迷っているかも知れません。

もちろん、お金の問題、進学する高校の問題、そして、一番大事な自分の成績!

成績がよければ、自分の行きたいどこの高校でも行けるのです。

神奈川の高等学校のように、日頃の試験の成績も、高校入試に加味される場合はなおさらです。

高校入試が目前に迫った時期に、いざ、やろうと思っても、遅いのです。

早く記憶術を身につけていればいるほど、日頃の勉強が飛躍的に楽になります。

>> 宮口式記憶術の詳細を見てみる