大学入試・英語の学習に役立つ記憶術:宮口公寿

自営業だった父親の仕事が突然傾き、大学進学をほぼ諦めかけていました。 「東京大学という最難関の大学」へ志望校を変更しました。どうせ実現不可能と思っていましたが、学費がほとんどかからないという大学という選択肢しかありませんでした。 周囲の人たちは、私を見て笑っていました。 偏差値41の人間が東大に合格するはずがないと。 普通の勉強法をやっていては絶対に合格しないと思い、ありとあらゆる勉強法を探しました。 そこで出会ったのが、記憶術でした。 そして、私は、記憶術を縦横無尽に活用して、見事東京大学へ

大学受験で、大学難易度に関係なく自分の好きな大学を目指せる

宮口式記憶術を考案した宮口公寿です。

「大学受験で、大学難易度に関係なく自分の好きな大学を目指せる」というテーマで書かせていただきます。

このテーマは何の意味だか、よくわからないとおっしゃる人も多いかと思います。

それは、私が大学時代に同じクラスにいた同級生の話です。

その学生は、大学受験直前、どの大学のどの学部へ願書を提出するか、非常に頭を悩みました。

それは、日本の大学なら、「どの大学のどの学部でも合格する」からです。

もちろん、東京芸術大学日本体育大学のような特殊な能力が必要な大学は除いて。

私のクラスメイトの話ですから、もちろん東大生の話です。

彼が優秀な理由は、その行動力の高さにあると思いました。

彼には躊躇がないんです。

やろうかなどうしようかなと思う良い気持ちが全くないのに驚きました。

普通だったらそんな気持ちはいつも送りますよね。

それを迷わずやる。
その驚くものの優秀さの理由の1つであります。


>>  「いつ記憶術するか、今でしょう」

 
環境設定