大学入試・英語の学習に役立つ記憶術:宮口公寿

自営業だった父親の仕事が突然傾き、大学進学をほぼ諦めかけていました。 「東京大学という最難関の大学」へ志望校を変更しました。どうせ実現不可能と思っていましたが、学費がほとんどかからないという大学という選択肢しかありませんでした。 周囲の人たちは、私を見て笑っていました。 偏差値41の人間が東大に合格するはずがないと。 普通の勉強法をやっていては絶対に合格しないと思い、ありとあらゆる勉強法を探しました。 そこで出会ったのが、記憶術でした。 そして、私は、記憶術を縦横無尽に活用して、見事東京大学へ

司法試験は、国家試験でもっとも難しい試験

宮口式記憶術を考案した宮口公寿です。
「司法試験は、国家試験でもっとも難しい試験」というテーマで書かせていただきます。

司法試験を目指している方のアドバイスをすることも多くあります。
最難関の国家試験を目指す人という尊敬の念をもって、いつも接しています。

しかし、私の予想に反して、意外と自信のない方が沢山いらっしゃいます。
自分に自信がないのではなく、合格に自信がない。


特に、悩みがひどい方は、

「合格できるか悩むことで、合格に近づくなら、悩んで下さい。今は、合格に近づくことだけをやりましょう。」
というアドバイスをさしあげます。


もちろん、数時間の面談に及ぶ事がおおいので、それ以外のことや、私の人生の体験談などを披露します。

100%の人が、元気を取り戻して、「先生のおかげで、やる気になった!」と

もちろん、私は法律、とくに司法試験受験の世界は、ほとんどわかりません。
だから、司法試験の受験ノウハウを教えるわけではありません。

しかし、記憶術を通して、勉強の心構えのアドバイスをしているのです。

>>  司法試験合格した人のコメントを見てみる