大学入試・英語の学習に役立つ記憶術:宮口公寿

自営業だった父親の仕事が突然傾き、大学進学をほぼ諦めかけていました。 「東京大学という最難関の大学」へ志望校を変更しました。どうせ実現不可能と思っていましたが、学費がほとんどかからないという大学という選択肢しかありませんでした。 周囲の人たちは、私を見て笑っていました。 偏差値41の人間が東大に合格するはずがないと。 普通の勉強法をやっていては絶対に合格しないと思い、ありとあらゆる勉強法を探しました。 そこで出会ったのが、記憶術でした。 そして、私は、記憶術を縦横無尽に活用して、見事東京大学へ

『英語に特化した記憶術』の新しいノウハウを、近いうちに発表します

宮口式記憶術を考案した宮口公寿です。

「『英語に特化した記憶術』の新しいノウハウを、近いうちに発表します」というテーマで書かせていただきます。

通常のセミナーでも、午後の一番最後のセッションで、英語に特化した記憶術の講義をします。

皆さんが一番求めている英単語の覚え方です。
長文読解をしようにも、英文法を理解しても、英単語をある程度の量を覚えないと何ともなりません。


英単語を覚えるのは、通常の記憶術で使い場所法を使ってはいけないんです。
それは、覚える対象が、日本語ではないからです。

・多数にわかれていて、イメージしにくくいもの
・英文を理解するためにやられなければいけないもの
ここにフォーカスしています。


その他、英文の覚え方、英文法の理解の仕方、最新のIT技術の利用の仕方、インターネットの無料・有料サービスの利用法など、驚くほどの内容です。

英語の専門家が書いた英語効力法ではなく、記憶の専門家が解き明かす英語攻略法です。

>>  宮口式記憶術を見てみる