大学入試・英語の学習に役立つ記憶術:宮口公寿

自営業だった父親の仕事が突然傾き、大学進学をほぼ諦めかけていました。 「東京大学という最難関の大学」へ志望校を変更しました。どうせ実現不可能と思っていましたが、学費がほとんどかからないという大学という選択肢しかありませんでした。 周囲の人たちは、私を見て笑っていました。 偏差値41の人間が東大に合格するはずがないと。 普通の勉強法をやっていては絶対に合格しないと思い、ありとあらゆる勉強法を探しました。 そこで出会ったのが、記憶術でした。 そして、私は、記憶術を縦横無尽に活用して、見事東京大学へ

英検、TOEICの試験をこれから受験する人に、必ず知ってほしいこと

宮口式記憶術を考案した宮口公寿です。

「英検、TOEICの試験をこれから受験する人に、必ず知ってほしいこと」というテーマで書かせていただきます。

もう、ほとんどの方が、ご存知だと思いますが、英検・TOEIC特有のノウハウもかなりの部分があることです。

特に今、企業で英語が出来る指標で活用されているTOEIC
私から言わせると、英語を読んだり、少し聞いたりする指標であって、書ける、話せる指標ではありません。


話せるかどうか、調べるには、能率よく一斉にテストが出来ません。

ある相談した方は、「自分は、英語が話せるけれど、TOEICが苦手で、TOEICの点数がよくないと会社の人事が自分の能力を評価してくれない。」と言っています。

これは間違っていると思いますが、大企業の人事だと、画一的にならざる得ないのです。
この部分は割り切ってやりましょう。

>>  宮口式記憶術を見てみる